スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

鳥籠の王女と教育係 魔王の遺産 : まだ手に入れてません。

 楽しみにしていた新刊です!
二か月連続刊行!来月は完結(?)とのことですっ!

年末年始忙しくて読めないかな〜?と思ったので、他の本(挿絵のイラストレーターさんがしている挿絵の本。エデンとかエデンとか)と一緒に注文。
年始開けに発送されるようです…。
近くの本屋さんに売ってそうなんですけど…。
昨日出かけた際によった本屋さんでは売り切れてた…。(なのでシュガーアップルを買ってきた!)

さらっとあらすじを読むとトンでもなく萌える(え)展開です。
こういう展開すきですね〜。
本が来てないので、内容まではっきりとわかりませんが…。

魔法使いには幸せになってもらいたいところです!

感想は後日(来月!)

鳥籠の王女と教育係 恵みの環の魔王 : 教育係りのアレコレがはっきりしたりする巻。

 まだまだ続きそうで良かったです〜。


さて、魔王好きの私にとってもうれしいお話でした。
(でも、主人公エルレインに付きまとう魔王は嫌いだ。…つか、ビーの父親だしな…汗)

というか、考えつかなかった…といえばいいんでしょうけど…。
…、というかまさか、…コバルトでそんな話を書かれるとは思ってなかったというのがなんともまあ…。じゃあ、どんな本ならいいんだよ!と、怒られそうですけど…。

うーん…。
ゼル教師の生まれに、何とも言えない憤りを感じます。
そりゃ、こだわるよなぁ…。与えられた名前の通りに、がんばるよなぁ…と。
と、言っても今回のメインはエルレインが犬になったり、250年前に飛ばされるお話です。


内容的には、いつも(??)の感じに、お砂糖を一億杯入れて、混ぜた感じです。
つまり、



やべえ。


教育係り甘す デレぎる。

いまだかつてないくらいの甘甘でした。
うーん…。
ものすごい、巻で幸せいっぱいというか思いが通じあった故にかみしめるナントカとかいう感じですか…。
ものすごく…。


雰囲気がお砂糖一億杯です。


始終、先生がデレていたような感じがします。

というか幸せすぎて次巻がどん底だったらいやだなーと、妙な心配をしてみたり…。
アレクセイフラグは折れたんですが、伏線がゼル教師と同じくらいのものがありそうなので今後がとても楽しみです!

今巻でゼル教師の伏線は全部回収できたの、かな??
ゼル×エルでだれか二次作ってませんかね〜(基本他人任せ(笑))


コバルト文庫11月新刊〜。

 とりあえず、この2冊は購入予定です。

鳥籠王女と教育係りは最終巻かな―…と、思っていたのであらすじ見てまだまだ続きそうだ!とホッとしました…。といっても、次巻最終巻と言われると「そっか…」と思ってしまったり…。

だって、もう。くっついてるもん…。

ブランデージの魔法の城もそろそろ終わりそうかな―…としょぼーんとしてしまうところです…。
早く手に入れたいですね〜。(遠い目)


今月、聖剣の鍛冶師の最新刊が出るのでアリアとかその後の男二人がはっきりします。
たのしみだー…!

最近読んだ本。コバルト編。

 今月の新刊は一冊しか購入しませんでした〜…。
引かれるお話というか、挿絵というか…。

なんか最近購入している本が似たり寄ったりだなぁ…とぼんやりと思いました。
最近出なく、前からそうなんですけどね〜。ファンタジー大好き☆なんで。

今回、作品ひとつひとつは読むととても面白しろそう!と感じるのが、本屋の棚に並べられるといまいちぱっとしないというか…。

うーん。汗。
しばらくしたらまた本屋に今月のコバルト文庫、立ち読みに行ってきます〜。

鳥籠の王女と教育係 嵐を呼ぶ王子 : アレの続きです!

 新刊です。

発売日に買いに行ったら、本屋さんのダンボールの中で眠っていました…。

ていうか、あけろよーーーーーーーーーーーーー!(号泣)


レジが混んでいたので声をかけることもできず…。
泣く泣く帰ってきました…。
他の本屋さんに回る気力が無かったゼェ…(疲)

今日、絶対入手するんだ!
表紙のイラストもかわいいです。
きっとカエル’sは帯に隠れて見えないんだろうなぁ…と思います。
うん、絶対買いに行くぞ!!

鳥籠の王女と教育係さよなら魔法使い : 感想。※ネタバレあり

コバルト文庫。らぶ。

 おひさしぶりです!
 まったり死んでました。

ええっと、今回は。

 鳥籠王女の新刊が本日発売です。好きすぎるっ。
昨日から待っていたんだーーーーーーーーーー!(ちょっと延滞したDVD返しに行ってないかなーっと思ってなくて(あたりまえ)ショックで帰って来た…)

あと、今月のコバルトでできれば2冊読みたいのがあるのでげっつする!

来月もかなり読みたいのがあるので、即買いに走ります!
ファンタジー小説(+恋愛)すきだ!!!

1月20日発売された富士見ファンタジー文庫の大賞作品も昨日、なんとなく手にとって…しまったら、レジに行きました。
ええ。
パラ見したら、どきゅんとしきました。
そういう、文章の間の使い方、大好き。
結構、笑えるんですよね。受けるんですよね!
という、感じで速効な感じでした。
なので、まだ中身読んでませんが、多分、大好きです。好みですね。はい。

イラストもかわいいし!

楽しいぜ!本に埋もれる(…まじで部屋汚くなってきたのでうもれてます…)日々!
本大好き!(ゲームも好きだよ。)

何日か前に、ティアラ文庫の新作でティアラ初EROERO小説とのこと。
悪魔と天使のEROの中に話があればいいなーと書いてあったものを購入。(挿絵が知ってる方だったってのは…鳥籠の作者様の作品だったからだっ。遠い目)
読みましたが、EROばっかりだったよ。
個人的に世界観は好きだけど(ERO向きだったしね)、ERO過ぎてなんだかなー的でした。
うん、確かにティアラ向けじゃないな。
これは好みの問題だな☆と、読み返してます。

うーん。どうせなら、がっつり男性向けに書かれた方が…(おい)

中途半端に攻められている感じがするのは、私がR18ゲームをやっているからでしょうか…。

(そうなんだろうなぁ…)

寝とられよりも純愛派なのですがね(意味不明)

そうえいば、身代わり伯爵の誓約の記事を書いていたんですが…。
気がついたらUPしていなかったんですね…。
あの頃は、リヒミレ祭りでした。危うく、CDまで手が伸びそうでした。

アニメになってくれないかなー…。(切実)

DVD買うぜ!と言って買ったためしがないです。




鳥籠の王女と教育係 姫将軍の求婚者 : 読みました★

 楽しみに待っていた続きです。
前回、あれ?最終巻なの!?と肝を冷やした巻からなので、いろいろ楽しめました…。
が、姫将軍の求婚者って…。あー…と気を抜かれたというかなんというか…。
そういう求婚者ってまあアリかな…、とか。

また、ギャグ、コメディちっくなイラストが増え読むのも見るのも楽しいです!かわいいイラストですし!
表紙の帯に隠れてしまっていたのですが、殿下が持っているピンクの物体…(笑)
帯に隠れてよかったね…、レーン(慰め)…と、姫将軍が肩をたたく姿をなんとなく思い浮かべてしまいました…。

内容は、どうやら教育係ヘタレ編だそうです。
とりあえず、この恋愛(?)模様がどう変化していくのか気になるところです。



教育係り (?)→←(好意っぽい) 王女 (今回はちょっと殺意&嫉妬&すね)→←(大好き) 殿下 (満面の好意※たぶん純粋な好意だけ) →← (いろいろどぎまぎ?) 姫将軍 


次巻は春だそうです。
楽しみだなぁ…。

コバルト文庫いろいろ買いました☆

コバルトの新刊でいつものように気になる作家とお話を買いました。

オデットと秘密の鍵
乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと恋するワルツ
灰かぶり猫と半月の騎士


聖獣王の花嫁でいきなり終わってしまった高遠先生のオデットシリーズも、さっくりと今回終わってしまいました…。(え)
お狐さまシリーズのかたやま先生の新刊があったのでタイトルに引きつつも…(いやだってっだって!!だって!!!叫)購入。
汐月先生は、内容がおもしろそうかなーと(…すみません類似品多く持ってます…神子とか巫女とか)。


緋色の花嫁
イリアディスの乙女 〜引き裂かれた恋と琥珀色の罠〜


買えなかったのは上の2冊です。
イリアディスは、しばらく様子見かな〜と…。

あと、既刊で公爵様の花嫁―トワイライト・ロマンス + その続き の2冊購入。
前の勇者シリーズ2冊持っていたのでノリがそんな感じなのかなーと思ってたら。
何つー恋愛モード…。<遠い目
主人公と、その相手がお互いに好き好きオーラを発している小説です。(←ソレ違う)


あと、文庫違いますが、
横柄巫女と宰相陛下
ノト、王宮へ行く!と、珠華繚乱 〜明日に吹く風〜 が出てるようです。
横柄巫女と宰相陛下は前巻おもしろかったので買う予定です。
珠華繚乱は、最終巻とのことですが、1〜2巻で止まっているので…。まあ、気が向いたら…ですね。
 
B's-Log文庫でも欲しいの何冊かあるので。
たくさん買います。